低血圧はサプリメントで予防できるって本当ですか?

世界保健機関(WHO)で定義している低血圧とは、上の血圧が100mmHg以下、下の血圧が60mmHg以下の状態のことを指しています。とはいえ、低血圧は病気ではありません。ですから、体に何のトラブルも生じてない状態なら低血圧を改善しようとは思わないでしょう。

 

しかし、低血圧が原因で体に何らかの異変を感じるようになってしまっては大変です。

 

低血圧が原因で感じる不快感とは?

低血圧の方が下記のような症状を感じるようになった場合は注意が必要です。

 

  • 常に体がだるい
  • すぐに疲れる
  • 頭痛がひどくなってきた
  • めまい・立ちくらみを感じる
  • 少し動いただけで動悸をkなじる
  • 肩こりがひどくなってきた
  • 耳鳴りがする
  • 食欲が出ない
  • 眠れない
  • 冷え症

 

日常生活に特に問題がない程度の症状ならいいのですが、そうじゃない場合は対処する必要があります。でも、そうなる前に低血圧を予防しておくことをおすすめします。

低血圧にはDHA&EPAが含まれたサプリメントが効果的!

 

DHA&EPAには、ドロドロで流れの悪い血液をサラサラにし、全身の血流を良くする効果があります。ですからDHA&EPAが含まれているサプリメントを積極的に摂取するようにしましょう。

 

しかし、巷にはDHA&EPAが含まれているサプリメントがたくさん出回っています。いったいどれを選べばいいか…?正直わからないと思いませんか?
どれも同じような成分で同じようなことがパッケージに書いてあるから、結局どれを選んでも同じなんじゃないかって思われがちですが、実際は、有効成分の配合量や製造過程などが全然違います。

 

毎日体の中に取り入れるものですので、より安全&安心なサプリメントを選びたいですよね!そこで、私なりに比較してランキングを作成してみました。

 

低血圧に悩む方、低血圧を予防したい方の参考になれば幸いです^^

 

低血圧を予防・改善するサプリ【おすすめランキング】

 

きなりの通販購入

きなり (さくらの森)の特徴

きなりは血液をサラサラにする効果のあるDHA・EPAを多く含んだサプリメントです。

現代の日本人の食生活は欧米化が進んでいて、DHA・EPAの摂取量が減ってきています。
きなりは1日4粒で500mgのDHA・EPAを摂取する事ができるサプリメントで、更に納豆のネバネバ成分であるナットウキナーゼという血栓溶解作用を持つ酵素も配合されており、より高い血液サラサラ効果を得る事ができます。

また、GMP取得の日本の工場で製造されており、品質管理もしっかりとしています。

価格 5,695円 ⇒ 定期初回1,980円
評価 評価5
備考 1日あたり66円! 中性脂肪を下げる成分のDHA/EPA・ナットウキナーゼ・クリルオイルを高配合!
きなり (さくらの森)の総評

きなりを飲んでいる方の口コミには「朝の目覚めが良くなった」 「体が軽くなった」「コレステロール値、血圧が下がった」といったポジティブな意見ばかりです。

口コミの数も多く、そしてリピーター率92.3%という高い数値からも、人気があるのがよく分かります。
値段は通常価格で1袋5,695円ですが、公式サイト限定で初回キャンペーンで1袋1,980円、翌月以降も3,790円とお得に購入できる定期コースがあります。
(※楽天やAmazonでも買えますが、その価格は6000円前後なので、ポイント還元分を考慮しても損します!)

 
 

大正DHA・EPA(大正製薬)の通販購入

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

製薬会社が生産販売を行っているという信頼性の高さを最大の特徴としている大正DHA・EPA。また、1日の摂取目安量5粒が1袋ずつパックされており、他のサプリとは決定的に異なる特徴がある物となっています。

DHA・EPAという成分は酸化しやすく劣化しやすいという特徴がある為の対策となっており、この工夫によって本商品の血行改善効果と保存期間は非常に高い物となっているのです。更に、胃の中で溶けやすくて吸収されやすいカプセルを使っているという特徴もあり、これによって栄養分がしっかり届くサプリとなっています。

尚本商品の公式サイトでは初回購入となる1箱の価格が10%オフになるキャンペーンや初回1,000円で購入出来る定期コースといったサービスが執り行われており、これ等を利用する事で何処よりもお得な値段で購入する事が出来る物となっているのです。

価格 定期コース初回 1000円
評価 評価4
備考 大正製薬による品質のサプリ☆ 継続購入の縛りなしで始めやすい価格☆
 
 

美健知箋

美健知箋 (佐藤製薬)の特徴

美健知箋はイチロー選手のCMユンケル有名な佐藤製薬から発売されているサプリメントです。

このDHA・EPAサプリは1包あたりのDHA・EPAの配合量が非常に多く、トップクラスの配合量を誇っています。

DHA550mg、EPA200mg配合で合わせて750mgを1日に摂取できる事になり、厚生労働省が推奨する1日の摂取量1000mgの75%を補える事になるので、より効果的にDHA・EPAを摂取する事が可能です。

魚が特に苦手という方におすすめで、中性脂肪を下げる下げる効果を実感しやすいサプリメントです。

価格 6,480円 ⇒ 定期初回限定1,000円
評価 評価4
備考 初月は1日あたり33円!DHA/EPAが750mg高配合。イチローCMのユンケルの佐藤製薬のサプリ!
美健知箋 (佐藤製薬)の総評

DHA・EPAは酸化しやすい弱点を持っていますが、美健知箋は一粒が直径3ミリと非常に小さく、つなぎ目のない特殊なカプセル形状をしており、つなぎ目がないことにより、酸素に触れる事なく体内に届ける事ができ、小さいカプセルなので飲みやすいのが特徴です。

1日に飲むカプセル量は増えますが、1粒が小さいために子供や高齢者でも飲みやすいとの口コミが多く見られます。

更に1包ずつアルミパックに小分けされているので、より酸素に触れにくく衛生と品質の管理が徹底されていて、製造もISO取得工場で作られている事から、安全面でも信頼できる製薬会社のサプリメントです。

料金は、通常価格6,480円で、初回限定で1箱1,000円から始める事ができ、2回目からも4,980円と単品価格よりも安く手にいれる事ができる価格設定になっています。

 
 

青魚の知恵 (やずや)の特徴

青魚の知恵は、徹底的に魚由来にこだわりを持ったサプリメントです。
カタクチイワシを丸ごと発酵させて魚の栄養素を凝縮させたエキス、DHAはマグロ由来、EPAはイワシ由来を配合して作られています。

更に、タラの骨を砕いて取ったカルシウムも配合されており、DHA・EPAと共に日本人に不足していると言われるカルシウムを効率的に摂取できます。

カプセルにも魚由来成分を使用していて、どこまでも魚由来にこだわりぬいたサプリメントです。

価格 2,160円 ⇒ 定期初回1,080円
評価 評価4
備考 1日あたり33円(定期)・66円(一般価格でも買える)!DHA/EPAとカルシウム配合!
青魚の知恵 (やずや)の総評

青魚の知恵は途中までの工程をベトナムの工場にて製造されていますが、国際基準のHACCP認定工場にて製造されています。
そのため定期的に工場には査察が入り、安全性は保たれていると言えます。
サプリメントの仕上げの工程は、日本の工場できっちりと作られていますので、品質も確かなものになっています。

この青魚の知恵は通常価格で1袋2,000円、初回1,000円の定期コースなら初回以降は1,800円と安価なので経済的にも継続しやすいサプリメントです。

 
 

肝パワーeプラス(ステラ)の特徴

ハイクオリティ認証・GMP取得!薬剤師が作り上げた身体のための大ヒットサプリメントです。
高血圧の改善、低血圧の改善、若アンチエイジング効果、疲労回復、二日酔い改善など、日常つきまとう身体の不調を解消する効果が期待できます。

肝パワーeプラスを摂取し始め、体調に変化が現れてきます。疲れやすさ、疲れが翌日も取れないけだるさが改善され、お酒を飲んだ翌日が楽になったりとの口コミが多数あります。

ハイクオリティ認証も取得しており製造品質が良く、安心して摂取する事ができます。

価格 お試しセット 980円
評価 評価3
備考 95%がリピート購入し、20年以上のロングセラーサプリメントです!牡蠣・ニンニク・梅の最強コンビ♪
肝パワーeプラス(ステラ)の総評

お酒による肝臓の負担が心配、低血圧、脂肪肝が気になる、若々しさがなくなった…そんな悩みがある人におすすめの成分を含んだサプリメント。

肝臓、血圧の調子を整えるタウリン、亜鉛などを豊富にもつ広島産の大粒牡蠣を含み、牡蠣の中でも栄養豊富な広島産牡蠣濃縮エキスを配合しています。
スタミナ回復の代名詞である長野県産ジャンボにんにくをフリーズドライ化し、栄養価を濃縮させる製法を取り入れ1粒に100mgも配合されています。
疲労回復に役立つクエン酸、アミノ酸を豊富にもつ和歌山県紀州産南高梅も配合しています。

更に、人体に有害な不純物が入っていない、高品質、安全性を保証された商品が取得することのできるハイクオリティ認証を取得していて安心です。

 

低血圧を予防するサプリメントとは?

低血圧を予防するサプリメントはDHA/EPA配合がおすすめです☆
DHA/EPAには、ドロドロで流れの悪い血液をサラサラにし、全身の血流を良くする効果があります。

 

普段から全身を巡る血液循環が良ければ、低血圧になることはありません。

低血圧を予防・改善するには、普段の食事でDHA/EPAを摂取することが大切です。

 

DHA/EPAは野菜や果物、肉などには含まれておらず、魚介類にのみ(特に青魚)含まれています。

低血圧予防に魚のDHA/EPA!

そのため、毎日の食事で魚介類を摂ることが望ましいです。

 

ですが、国が推奨しているDHA/EPA量は一日1000mgで、これはマグロ刺身5人前に相当します。魚を比較的食べている50代以上の方でも、毎日1000mgを摂取することは難しいです。。。

 

そこで!

サプリメントをで足りない分を補うことが手軽で現実的です

DHA/EPAの含有量や体への吸収率、口コミやコスパを総合したサプリをご参考ください☆

低血圧でもスッキリと目覚められる!?サプリ飲み比べ結果

低血圧の場合、朝目覚めることが困難なことがあります。低血圧で朝スッキリ起きたい場合にはにんにくを含んだサプリメントが効果的です。
にんにくサプリでおすすめは青森産のにんにくを使用しているサプリで、雪解けと共に育ったにんにくは粒が大きく揃っています。他にも黒にんにくを使用しているサプリもあり、黒にんにくを使用しているサプリは鹿児島産などがあり、ポリフェノールやタンパク質、アミノ酸などが豊富に含まれています。
黒酢もろみとにんにくが配合されたサプリも低血圧に有効です。黒酢もろみはアミノ酸の量が食酢よりも多く疲れた時には良いサプリメントです。にんにく卵黄は知られているサプリメントです。卵黄は抗生物質の含まれる餌を使用していない鶏の卵で指でつまめるほどしっかりとした卵です。にんにく卵黄は朝スッキリ起きられない場合だけではなく、夜中に何度も起きてしまったり、寝付きが良くない場合にも効果的です。
にんにくと卵黄に高麗人参のエキスが配合されているサプリもあります。高麗人参自体が低血圧に有効です。
低血圧で朝スッキリと目覚めるにはにんにくサプリが良い選択です。にんにくサプリはソフトカプセルににんにくが詰められているタイプが一般的で、ソフトカプセルは胃の中でゆっくり溶けて腸に近い部分で分解吸収されるためににんにくのニオイを閉じ込めておくことが可能です。にんにくを食べると口臭が気になりますが、これは胃の中で消化されるにんにくのニオイが食道に漏れて戻り臭が発生するためで、にんにくサプリは溶ける時間も計算されているため、戻り臭を気にせずにんにくを摂取することができるのです。黒にんにくを使用しているサプリは、特ににんにくのニオイを気にする場合には良い選択となります。黒にんにくは通常のにんにくを熟成発酵させていて、にんにくのアリシンの配合量は数倍に増えています。熟成することで栄養価が高まり、発酵の過程でにんにくの臭いは低減されるため、にんにくのニオイを気にするなら黒にんにくのサプリメントです。

 

 

 

低血圧にサプリ↑↑

低血圧の予防に良い食品とは

高血圧が100mmHg以下を低血圧と呼んでいます。病気の症状としては、朝起きるのがつらいとか、根気がない、。すぐに疲れる、肩こり、食欲不振などがあります。特に、血圧を下げる病気がないときには体質的なものです。血圧が低い方が血管の傷みも少ないし、無理も気がず、具合が悪くとも頑張らずに病気をこじらせることがないのでプラス思考とする人もいます。低血圧の予防には、レバーや赤身の魚といった鉄分を吸収できる良い食品です。栄養成分の働きから、症状を緩和する食品のポイントとして、たんぱく質の多い食品とビタミン、ミネラルの豊富な野菜や果物を多く取ることです。
低血圧で貧血症の人は、赤血球の構成成分である鉄分は欠かせませんので、レバーやマグロなどの赤身の魚に含まれるヘム鉄が吸収がよく、勧めたい食品の一つです。
朝食を抜く人がいますが、この行為は厳禁です。たんぱく質と鉄を多く含む卵や納豆を食すると様です。また、鉄分の吸収を効率よく上げる効果のあるビタミンをCをあわせて食すると効果を上げることができます。イチゴ、オレンジなの柑橘類やキウイなどビタミンCを多く含有するこれらの果物やジュースを朝食のメニューに加えることを勧めます。
血管の収縮作用の効果がある食品としては、ホウレンソウ、サンショウ、ゴマなどが食品があります。
漢方的な働きのある予防食品としては、夏摘みのヨモギを干したものを、1日20gぐらいを煎じて、お茶代わりに飲むと予防効果があります。また、中国野菜であるキンシンサイを油炒めや汁もので食すると効果があります。
予防に関連する成分と食品として、赤血球の構成成分となるレバー、鶏の卵、ヒジキ、キクラゲ、マグロ、納豆、ノリ、1煎茶などがあります。
鉄分の吸収を助ける物としては、イチゴ、オレンジ、アセロラ、赤ピーマン、グレープフルーツ、キウイ、パセリ、芽キャベツなどがあります。
低血圧の予防には、予防効果のある食事のほかに、規則正しい生活習慣、運藤、休養を心がけることが大切となりますが、何よりの栄養豊富な食事です。

 

 

 

低血圧の予防に良い生活習慣とは

低血圧の予防に効果的な生活習慣は、早寝早起きをすることです。低血圧の人は朝起きるのが辛い傾向にありますが、いつも決まった時間に起きることで自律神経が整います。寝溜めすると体内時計が狂って、整いかけた自律神経が再び乱れてしまうので、毎日同じ時間に寝て起きる習慣を作ります。夜あまり眠れない人は、既に体内時計がおかしくなっています。寝付きを良くして質の良い睡眠が取れれば、朝が早くても活動的になれます。夜型の生活に慣れている人は、起きたらすぐに太陽の光を浴びます。太陽の光を浴びた時に分泌されるセロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンの原料です。朝にセロトニンを分泌させておけば、夜になってメラトニンが作られるので自然と眠たくなります。パソコンやスマートフォンなどの強い光はメラトニンの分泌を抑制してしまうので、寝る前に触るのは控えます。食事では塩分摂取量を少し増やすと良いです。血圧は血液が血管内を通るときの圧力のことなので、血液が増えると低血圧も予防できます。塩分の過剰摂取は健康に良くありませんが、それは高血圧を引き起こすためです。低血圧の人は少し塩分を摂り過ぎても高血圧にはならないので、過度に塩分摂取を控える必要はありません。塩分を摂取すればナトリウム濃度が上がって、血液中に取り込まれる水分も増えます。いつもの食事にプラス1杯の味噌汁を飲むくらいで良いです。さらに運動も定期的に行って筋力を付けます。特に低血圧の人は下半身の筋力が衰えている可能性があります。ふくらはぎは血液を送り出すポンプの役割を担っているので、鍛えれば血液の流れも良くなります。スクワットならば家の中で実践することができ、長時間の運動でバテてしまいがちな低血圧の人でも簡単です。男性は体重に対して筋肉量が31%以上、女性は26%以上なければなりません。多機能体重計では体重に対する筋肉量の比率も確認できるので、1台持っておくと便利です。

 

 

 

低血圧予防のサプリメントの特徴

低血圧で悩んでおり、なんとかして改善したいと考えている人もいるでしょう。低血圧は単純に血圧が低いということもありますが、場合によっては病気が隠れていることもあるので注意が必要です。低血圧症というのは最高血圧が100mmHg以下の場合に診断される症状であり、それ自体が病気というわけではありません。血圧が高い人よりも低い人の方が長生きすると言われていますし、特に気になる症状などがない場合は無理に血圧を上げる必要もないでしょう。常に90/60mmHg程度で安定しているという人などもいますが、そのような人が急に正常値に上げようとした場合、その人にとっては高血圧になってしまうこともあるのです。低血圧の場合は高血圧症とは違い、体に大きな影響を与えてしまうことはほとんどありません。しかし、頭痛や眩暈、動悸、肩こり、耳鳴り、食欲不振、不眠、冷え性などの症状がある場合は注意が必要です。このような症状でも日常生活に不都合の無い程度なら問題ないのですが、症状が酷い場合などは体質の改善などを行うことが大切です。一般に低血圧の人は朝に弱いとされており、寝ている間はあまり血圧が必要ないのでもともと血圧は低い状態にあります。しかし、起き上がろうとすると一気に血圧を上げる必要があるのですが、自律神経がしっかり働かないと血圧が十分に上がりませんし、脳に十分な血液が送られない状態となってしまうのです。ポイントは自律神経であり、自律神経を適切に働かせるためには睡眠をしっかり取ることが大切です。サプリメントで低血圧を予防したいという場合、DHAやEPAの配合されたサプリメントを選ぶと良いでしょう。DHAやEPAには血液の流れを良くする効果があります。普段から全身を巡る血液の循環が良ければ低血圧になってしまうことはありませんし、普段からDHAやEPAをしっかり摂取していくと良いでしょう。食事で足りない場合はサプリメントを利用すると良いのです。

 

 

 

低血圧の症状を放置するとどうなる?

疲れやすかったり寝起きが悪かったりする低血圧の症状は、放置すると他の病気につながることがあります。例えば過敏性腸症候群です。低血圧の人は心臓から全身へ血液を押し出す力が弱いため、胃腸の血液が不足しがちです。消化機能が低下して下痢や便秘を繰り返すようになります。また免疫細胞が正常に働かなくて、アレルギーを発症しやすくなります。最も辛いと感じるものが、精神的な症状です。低血圧の人は他の人と比べて怠けているわけではありません。しかし血圧が正常な人からすると、朝きちんと起きられなかったり、日中も体力が低下したりするのは、本人の意志が弱いからだと考えてしまいます。会社では仕事への意欲がないと低い評価を受ける可能性があり、低血圧のせいで気分が落ち込むケースが多いです。元々低血圧の人は自律神経の働きが弱いとされます。通常は交感神経が活発になると血圧が上がって、副交感神経が優位になって血圧が下がります。しかし自律神経の働きが弱いと、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるので、日中の交感神経が働くべき時に上手く働かないことがあります。交感神経が働かない時は副交感神経が優位になっているので、血圧も低いままです。あまりにも自律神経の働きが弱い人は、精神的な落ち込みを解消することができずに、うつ病を発症してしまいます。うつ病は怪我とは違って症状が目に見えるわけではないので、周りから怠け者扱いされることがあります。低血圧とうつ病を併発してしまうと、社会生活を送ることが難しくなります。血流を増やすなど生活習慣で血圧が上がらない場合は、病院に行って薬をもらうのが良いです。医薬品の副作用が怖いならば、体質に合った漢方薬を処方してもらうことも可能です。低血圧は高血圧と違って命に関わる病気と関連が浅いので、放置する人が多いです。しかし生活の質が下がることで精神的な健康まで損なってしまうので、軽い症状が出た段階で治療を始めます。

 

 

低血圧予防にサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

低血圧の改善のための豆知識コラム

低血圧の改善〜起きあがる前に体を縮めたり伸ばしたりする

低血圧だからこそ、朝にちょっとした運動をすることをおすすめします。運動といってもジョギングを白という訳ではありません。起き上がる前に体を縮めたり伸ばしたりする程度で良いのです。これだけでも、普段よりちょっと体が軽くなり朝からでも頭がさえることもあります。低血圧の人は基本的には体に送る血液量が少ないのです。その為、全身の血が巡りやすい状態にすることができれば、体の中がぽかぽかと暖まって頭にも血が上り、朝起きもよくなるはずです。布団のなかで起きる前に少し動いてみて下さい。5分でも10分でも良いので体を動かすことで、血の巡りを改善することが出来るでしょう。運動不足で筋力がない人であれば、心臓に十分に血液を送ることが出来ずに低血圧が悪化してしまうといわれています。もし元気があるのであれば、朝ウォーキングをする習慣をつけてみるのも良いかもしれませんね。朝布団の上で少し動いてそのまま30分程のウォーキングをする習慣をつければ、低血圧もどんどん改善していき朝から活発に過ごせるようになるのではないでしょうか。

 

低血圧の改善〜減塩しない

健康のためには塩分の過剰摂取は良くないといわれています。特に高血圧の人は減塩を強いられている方も多いのではないでしょうか。確かに塩分は摂りすぎてはいけませんが実は低血圧の人は塩分を意識して摂った方が良いといわれています。塩分を取るといっても過剰摂取はいけません。しかし塩分を摂取することにより低血圧改善に欠かせない水分の摂取がしやすくなるといわれています。体内に水分を吸収するとき、適度な塩分があった方が循環しやすい、吸収しやすいといわれています。ミネラルウォーターよりもスポーツドリンクのほうが沢山水分を吸収できるのは、スポーツドリンクに塩分が含まれているからです。その為水分の吸収率をアップするためにも減塩せずに適度な塩分摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。減塩しすぎると循環血液量が減ってしまい低血圧は悪化します。そのためもともと低血圧の人が健康のために減塩をすると低血圧の症状がより出てしまいやすくなるのです。水分を取るときは塩分も適度に、普段の食事も減塩を意識しすぎないように注意をしましょう。

 

低血圧の改善〜立ちっぱなしを避けこまめに足を動かす

低血圧改善に欠かせないのが体、特に足をこまめに動かすことです。低血圧の人は座り仕事や立ち仕事など常に同じ姿勢でいる職業の人に多いといわれています。また、低血圧の人は冷え性も患っている人も多いでしょう。その為、下半身に血液がたまってしまう可能性があるのです。一部分にのみ血液がたまってしまうと心臓に送られてくる血液量が減少してしまい、低血圧の症状は悪化してしまうでしょう。また、下半身の筋力が不足している人は低血圧になりやすいとも言われています。下半身の筋力があればポンプ変わりになり血液を送り出してくれるでしょう。しかし筋力が低下した状態であれば血液を心臓まで送り出す力も低下してしまうので体の血の巡りも悪化してしまうのです。筋力が不足している人は、起立性低血圧に陥ってしまう可能性もあります。足を動かすといっても簡単な方法で大丈夫です。足首をくるくる回したり、屈伸をしたり、時間があればウォーキングをする習慣をつけてみても良いでしょう。それだけでも十分低血圧改善につながる可能性があるのでおすすめです。

 

低血圧はむくみやすい?

低血圧の方に良く起こる症状で、むくみがあります。なぜ低血圧だとむくみが生じるのかというと、血液は心臓がポンプの役割をはたして全身に血を送っているからです。低血圧の人は血を送り力がとても弱く全身の血の巡りも悪化しています。特に末端部分まで十分に血液を運べないことが多いでしょう。そのせいで老廃物がたまってしまうこともあります。むくみは水分をうまく排出出来ずに手足が冷えたりむくんでしまう状態なので、低血圧の人はほかの人よりもむくみやすいといえるでしょう。末端部分まで十分に血液が廻らないので仕方がありません。むくみと低血圧を改善するためにはタンパク質が必要です。もともとむくみは体内の水分調節機能がうまくいっていないときに起こる現象だといわれています。タンパク質に含まれているアルブミンには水分量を調節してくれる機能があるので高い効果を発揮してくれるでしょう。もちろん低血圧を改善することも大切です。低血圧を改善することが出来れば、血流も改善しむくみにくい健康的な体を手に入れることが出来るのではないでしょうか。

 

低血圧改善について

低血圧は改善をすることが出来ます。高血圧は薬を飲んだり病院に行って改善をすることが多いですが、もともと低血圧という病気はありません。日常生活を変えるだけでも低血圧を治すことは出来るのです。まず大切なのが規則正しい生活を心がけることです。低血圧の人は朝が苦手、という印象がありますが、質の良い睡眠を摂っていれば低血圧も改善しますし朝起きも良くなるでしょう。その為体内時計を調節するためにも規則正しい生活を心がけて下さい。少しずつで良いので朝しっかりと起きることを目標にして早起きを続ければどんどん生活リズムも改善されていきます。ストレスも低血圧には敵です。ストレスの原因がわかる人は取り除くように努力を、もしわからない場合はリフレッシュできるようなことを探してみてはいかがでしょうか。低血圧は食生活でも改善をすることが出来ます。タンパク質、カフェイン、水分をしっかりと摂るようにしましょう。栄養バランスの取れた食生活が一番大切です。どうしても難しいようであればサプリメントから栄養を補給しても良いでしょう。

 

低血圧からくる貧血対策

低血圧の人は貧血になりやすいといわれています。これを改善するためには、自律神経のバランスを整え、下半身の金力をつけ、血液の量を増やすことが大切です。低血圧の原因には自律神経の乱れがあるといわれています。そのため自律神経を正しく整えることが出来れば、バランスが改善されて低血圧も改善しやすい状態になるでしょう。低血圧を改善するためには、オレンジ等の柑橘系果物に多く含まれているチラミンの摂取がおすすめです。また、睡眠をしっかりと摂る、ストレスを貯めないなど基本的な健康的な生活を送ることも大切でしょう。低血圧だからといって朝に甘えているといつまでも治りません。夜早く眠れば朝もしっかりと目覚めることが出来るでしょう。ストレスも自律神経のバランスを崩す大きな要因です。血圧は血の巡りが大きくかかわっているので、血液量を増やすようにしましょう。貧血改善にももちろん大切なことです。適度な塩分摂取、意識的な水分摂取はとても大切です。そして余裕があれば下半身の筋力強化も行ってください。下半身のエクササイズは血液の循環を改善してくれます。

 

低血圧ってどんな病気?

低血圧とは、収縮期血圧が100mmHg未満の人のことをいいます。しかしこれはあくまで基準なので、自分自身で低血圧だという自覚がない人も多いでしょう。そして血圧の収縮期血圧を知らなくても、朝が弱いとなんとなく低血圧なのかなという自覚を持つ人もいます。一般的に低血圧で起こる現象は、立ちくらみ、めまい、失神、全身倦怠感です。もちろん朝にすぐに動くことが出来ない、朝起きが悪いのも低血圧の特徴として数えられています。なぜ低血圧になるのかというと、全身の血液量が減少したり、心臓から送り出す血液量が低下したり、末端血管の抵抗、血液の粘稠度の減少などがあげられます。基本的には低血圧は病気の一種として数えれることが少なく低血圧だからといって治療をする人は少ないでしょう。しかし低血圧で生活に支障をきたす人もいますし出来るだけ改善したいと思う人も多いはずです。低血圧を改善する効果の高い食生活、日常生活、そしてサプリメントなどは沢山あります。低血圧なのかなという自覚を持ったらまずは改善策を考えてみてはいかがでしょうか。

 

低血圧の改善〜カフェインを取る

低血圧の改善にはカフェインが良いといわれています。もともとカフェインは高血圧の改善に効果的な飲み物だということが知られていました。その為高血圧の人は血圧を下げるためにカフェイン、特に珈琲などを摂取するのでしょう。逆に、低血圧の人がカフェインを摂りすぎるとあまり良くないかもしれません。適度なカフェインであれば、問題ありませんがあまりに摂りすぎると体がひえて血行不良が起こり低血圧が悪化する可能性だってあります。しかしこれは基本的な低血圧の場合です。食後低血圧の人はカフェインの摂取が推奨されています。低血圧にはいくつかの種類があり、高齢の方などが特に陥りやすい食後低血圧という症状があります。これは食事を摂取することで消化吸収のため血液の動きが腸に集まり心臓付近の血液が不足し低血圧の状態になってしまうことをいうのです。その為、食後にカフェインが含まれている珈琲などを飲むことで欠陥を収縮させ、血液量を増やし、食後の低血圧を防いでくれるでしょう。低血圧の人は朝ではなく食後にカフェインを摂取してみて下さい。

 

低血圧の改善〜きちんと朝ごはんを食べる

低血圧だから、朝が弱いからとついつい朝食を抜いてしまう人がいますが、これはおすすめできません。食事を抜くからこそ、より低血圧が悪化して午前中になかなか動くことが出来なくなってしまうのです。朝に少しでも食事を摂ることで健康的な一日を送ることが出来ます。簡単なものでも良いので初めてみて下さい。低血圧の人におすすめの食品といえば、野菜です。ほうれん草、ブロッコリー、キャベツなどは特に良いでしょう。ほうれん草のおひたしやゆがいたブロッコリーを食べるだけでも低血圧の症状を緩和することが出来ます。もう少し食べる余裕がある人は、青魚を食べる習慣を身に着けてみて下さい。青魚は低血圧を改善する効果が高いといわれています。朝からガッツリお肉は無理という人でも、青魚なら食べやすいですよね。朝はパン派という人にはピーナッツバターを塗ったパンがおすすめです。ピーナッツや大豆も低血圧の人におすすめの朝食メニューです。これだけなら忙しい人でも朝のちょっとした時間で食べることが出来るので、毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

低血圧予防にサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑